ベルソムラとデエビゴって何が違うの?違いや効果を徹底比較

“新しいジャンルの睡眠薬”として、睡眠に悩む方から注目されている「ベルソムラ」と「デエビゴ」。
どちらも医師によって処方される薬ですが、特徴や効果には違いがあります。
ベルソムラとデエビゴの2つの薬について、違いを詳しく比較しましょう。

ベルソムラとデエビゴ、効果はどう違う?

ベルソムラとデエビゴは、どちらも睡眠薬です。
ベルソムラは2014年に販売開始しましがた、デエビゴは2020年にリリースされた新薬です。

ベルソムラもデエビゴも、睡眠障害や不眠症に効果があるとされています。
うまく寝付けなかったり途中で目覚めてしまったり……など、睡眠に対するお悩みへのマルチな効果が期待できるでしょう。特に入眠障害のある方にはデエビゴを処方されることが多くなってきましたが(睡眠潜時を改善するという実験データが報告されています)、人によっては「ベルソムラとデエビゴも変わらない」と感じることもあるようです。

一般的に、効果は【デエビゴ>ベルソムラ】とされています。
なぜなら、ベルソムラが10mg・15mg・20mgの容量で処方されるのに対して、デエビゴは2.5mg・5mg・10mgの区分けだからです。
少量で大きな効果が出ますが、ご自身の判断で量を増減させないようご注意くださいね。

ベルソムラとデエビゴ、どのように作用するの?

ベルソムラもデエビゴも、「オレキシン受容体拮抗薬」に分類されます。
オレキシンは1日のうちで分泌量が変化する成分です。一般的に、日中は分泌量が多く夜間になると減少するので、この量の増減によって私たちはアクティブに活動したり眠くなったりします。つまり、覚醒維持の役割があるものですね。

ベルソムラとデエビゴも、このオレキシンのはたらきをブロックすることで睡眠効果をもたらします。“覚醒”を抑えるので、リラックスしながら眠りに就けるでしょう。

ベルソムラとデエビゴ、副作用はどう違う?

ベルソムラとデエビゴの副作用を比較しても、ほとんど違いはありません。
それぞれの主な副作用としては、以下が報告されています。

■ベルソムラ:
・傾眠:4.7%
・頭痛:3.9%
・疲労:2.4%
・悪夢:1~5%未満

■デエビゴ
・傾眠:10.7%
・頭痛:4.2%
・倦怠感:3.1%
・悪夢:1~3%未満

特徴的なのは「傾眠」です。デエビゴの成分は体内で分解されにくいため、朝方になってもお薬の成分が体内に残ることがあります。

ベルソムラとデエビゴ、服用時の注意点は?

ベルソムラもデエビゴも、服用時は用法を守らなければなりません。

ベルソムラの場合、同時の服用が禁止されているお薬がいくつもあります。今、別のお薬を服用しているなら、お薬手帳を見せながら医師に相談しましょう。

デエビゴの場合、特に同時服用が禁止されているお薬はありません。ただ、クラリスロマイシンやイトリコナゾールなど、「同時に服用する場合はデエビゴの量を減らしたほうが良い」とされているお薬があるので、こちらも医師と相談したうえで量を調整することをおすすめします。

ベルソムラとデエビゴ、服用できない人はいるの?

ベルソムラとデエビゴは、どちらも睡眠薬です。
服用したら車の運転は危険なので、就寝前に運転する予定がある人はご注意ください。

また、どちらも服用中にお酒を飲むことは避けましょう。人によっては副作用が強く出すぎてしまったり、睡眠効果に影響したりすることがあります。どうしてもお酒を飲みたいときは、医師と相談しながらタイミングや量を調節しましょう。

さらに、薬の分解に時間がかかりやすい高齢者の方や、妊娠中・授乳中の方も医師に相談してください。

肝臓や腎臓の機能に問題がある方は、デエビゴ使用には特に慎重になることをおすすめします。デエビゴの場合、肝腎機能障害があると効果が強く出すぎてしまうという報告もあります。自覚症状がある方はもちろん、服用して心身に異変を感じたら、すぐに医師に相談してください。

ベルソムラとデエビゴ、服用すると太るって本当?

「ベルソムラ(デエビゴ)を服用して太った」という話をまれに耳にします。
睡眠の質は改善したいですが、できるだけスマートな体型もキープしたいですよね。

実際、副作用として

・体重増加:1.6%
・食欲亢進:0.7%
・体重減少:0.1%
……という報告はあがっていますが、どちらも体重に関して大きな影響はなさそうです。

もともと、覚醒に関係するオレキシンは、食欲や代謝にも関係しています。オレキシンは空腹のときにも活発に作用するので、「何かを食べて」とうながしたり、代謝を向上させてエネルギーをどんどん使ったりします。
これらのはたらきから、私たちの「食べる」という行動や、エネルギー消費、代謝などにオレキシンが深く関わっていることがわかるでしょう。

このオレキシンのはたらきを阻害するということは、やはり多少なりとも体に影響すると考えられます。体型が変化するほど大きな影響はなさそうですが、人によっては少し食欲がアップするのかもしれませんね。

適度な運動は、体型キープはもちろん、健康管理にも役立ちます。体が疲れると寝つきも良くなることが期待できるので、帰宅後や就寝前など、軽い運動(ストレッチや筋トレなど)を日課にすると良いでしょう。

ベルソムラとデエビゴ以外に、効果のある睡眠薬はないの?

ベルソムラとデエビゴは、比較的新しい睡眠薬です。
従来の睡眠薬とは異なり、覚醒中枢に作用するため、自然な眠りが期待できるでしょう。

しかし、どちらも薬である以上、副作用のリスクは避けられません。
頻繁に服用するものなので、なおさら体への負担が気になるところ……。

そこでおすすめしたいのが、オンライン睡眠外来「ネムリノミカタ」の院長が開発した、睡眠サポートサプリメント。「nemurino(ネムリノ)」「mezameno(メザメノ)」「nemurino premium(ネムリノ プレミアム)」があるので、ご自身の睡眠の状態に合わせてお選びいただけます。

サプリメントなので、副作用のリスクはほとんどありません。
体にやさしいと安心して服用できますね。

「ネムリノミカタ」には、睡眠の専門医が在籍しています。ご予約いただければ、専門医が患者様のお話を丁寧に聞き、最適なサプリメントや漢方薬などをご提案することも可能です。
まずは、お気軽にLINEでご予約ください。その悩み、医師と一緒に解決していきましょう。

まとめ

ベルソムラとデエビゴは、新しいタイプの睡眠薬です。
効果や効能にほとんど違いはありませんが、デエビゴのほうが入眠障害にも効果的とされています。ただ、人によって感じ方に差があるようです。

どちらも、医師と連携しながら適切な量で使っていきましょう。
副作用が不安なら、サプリメントを選ぶのも一つの方法ですよ。

関連記事

  1. ルネスタの効果や副作用って? 特徴を徹底解説

  2. ベルソムラの副作用は? 飲み合わせの注意点も解説

  3. 睡眠の悩みには、オンラインの睡眠外来が人気! その理由や受診…

  4. 睡眠障害とは? 原因と治し方を徹底解説

  5. 睡眠サプリのおすすめ11選、商品ごとに特徴を紹介

  6. 採用薬の解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP