睡眠時無呼吸症候群とは?睡眠時の呼吸数が少ない方は注意!?

睡眠時の呼吸数が異常に減る現象は、健康上の問題を示唆していることがあります。特に、「睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)」は、このような症状が顕著に現れる病気であり、未治療のままだと心疾患や糖尿病、高血圧など、さまざまな健康問題を引き起こすリスクが高まります。本記事では、睡眠時の呼吸の問題に焦点を当て、睡眠時無呼吸症候群の原因、症状、診断方法、そして治療法について詳しく解説します。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が一時的に停止または極端に浅くなる状態が繰り返される病気です。この病気は主に二つのタイプに分類されます。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)

最も一般的な形態で、喉の筋肉がリラックスし過ぎることで気道が狭まり、呼吸が一時的に停止します。

中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)

脳が呼吸を制御する筋肉への信号を適切に送信しないために生じます。このタイプは比較的まれで、しばしば心臓や脳の病気に関連しています。

症状

睡眠時無呼吸症候群の最も一般的な症状は以下の通りです。

・大きいいびき

・睡眠中の呼吸停止

・夜間または早朝に頻繁に目が覚める

・日中の過度の眠気や疲労感

・朝の頭痛

・注意力の散漫や集中力の低下

これらの症状は日常生活に重大な影響を与えるため、注意深く観察することが重要です。

診断

診断は通常、睡眠の質と呼吸を詳細に記録する睡眠検査(ポリソムノグラフィー)を通じて行われます。この検査は、医療施設または自宅で実施されることがあり、睡眠中の脳波、心拍数、呼吸数、酸素レベルをモニターします。

治療

睡眠時無呼吸症候群の治療は症状の程度によって異なりますが、以下の方法が一般的です:

生活習慣の改善

体重を減らす、禁煙、アルコールを減らす、睡眠姿勢の改善などが含まれます。

CPAP(持続的気道陽圧)療法

最も一般的な治療法で、睡眠中にマスクを通じて一定の圧力の空気を気道に送り込むことで、気道が閉塞するのを防ぎます。

口腔内装置

軽度から中等度のOSAの場合に使用され、下顎を前方に保持することで気道を開放します。

手術

気道の障害物を取り除くための手術も、特定の場合において考慮されます。

専門的な診療を受けるべき理由

睡眠時無呼吸症候群は、放置すると様々な病気のリスクを高めるなど、重大な健康問題を引き起こす可能性があります。そのため、上記の症状に自身が該当する場合や、既に診断されているが治療が効果的でない場合には、「ネムリノミカタ」のような睡眠専門のクリニックでの検査と治療を受けることが推奨されます。当院は、ポリソムノグラフィーやCPAPなどの検査や治療も行っており、患者様一人ひとりのニーズに合わせた個別の治療計画を提供しています。

睡眠時の呼吸数の異常は健康上の問題のサインであり、適切な診断と治療を受けることで、質の高い睡眠とより良い健康を取り戻すことが可能です。

今すぐオンデマンド受診する >  ご予約はこちから >

関連記事

  1. ベルソムラはやばいって本当? 特徴や効果を徹底解説

  2. 睡眠の悩みには、オンラインの睡眠外来が人気! その理由や受診…

  3. マイスリー(ゾルピデム)と処方薬や市販薬の違いについて解説

  4. 【医師が解説】睡眠導入剤は効果があるの?副作用は?正しい服用…

  5. 不眠症で病院に行くタイミングは?何科を受診する?

  6. 大阪にある全国から受診可能なオンライン睡眠外来のご案内

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP