睡眠薬は市販されている?睡眠薬と睡眠改善薬の違いと効果について医師が解説

不眠に対処するためには様々な方法がありますが、睡眠薬は選択肢の一つです。市販の睡眠改善薬と処方される睡眠薬には大きな違いがあり、それぞれ特定のニーズに合わせて作られています。この記事では、市販の睡眠薬と処方薬の違い、それぞれの効果、使用する際の注意点について詳しく解説します。

市販の睡眠改善薬と処方される睡眠薬の違い

市販の睡眠改善薬と処方される睡眠薬の主な違いは、入手方法、成分、効果の持続時間、使用目的、副作用など多岐にわたります。

入手方法

市販の睡眠改善薬

ドラッグストアやオンラインで購入可能で、医師の処方箋は必要ありません。

処方される睡眠薬

医師の診察を受け、特定の症状や状態に基づいて処方されます。

成分

市販の睡眠改善薬

主に抗ヒスタミン剤が使用され、睡眠を誘発するための軽度の鎮静作用があります。

処方される睡眠薬

オレキシン受容体拮抗薬や、ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系など、より高い睡眠作用を持つ成分が含まれています。

効果の持続時間

市販の睡眠改善薬

効果は比較的短時間で、主に入眠を助けるために使用されます。

処方される睡眠薬

長時間作用型のものから短時間作用型まで、さまざまな効果の持続時間が選べます。

使用目的

市販の睡眠改善薬

軽度の不眠症や一時的な睡眠障害に対処するために用いられます。

処方される睡眠薬

慢性的な不眠症や他の不調・病気に伴う睡眠障害に対して用いられることが多いです。

副作用

市販の睡眠改善薬

翌日のだるさや口の乾燥など軽度の副作用が見られることがあります。

処方される睡眠薬

眠気や頭痛、依存症、耐性など、より副作用が発生するリスクが多く、医師の監督のもとで使用する必要があります。

市販の睡眠改善薬の利用時の注意点

市販の睡眠改善薬は手軽に入手できますが、安全な使用のためには以下の点に注意する必要があります。

使用前に医師と相談

特に他の薬を服用している場合や既往症がある場合は、医師と相談することが重要です。

正しい用量を守る

指示された用量を超えて使用しないようにし、長期間の使用は避けるべきです。

効果のモニタリング

使用後の体調変化を注意深く観察し、副作用や異常を感じた場合は使用を中止し医師に相談します。

処方される睡眠薬の利用時の注意点

処方される睡眠薬は効果が強いため、以下の点を特に注意して使用する必要があります。

医師の指示に従う

処方された指示に従って正確に服用し、自己判断での用量変更や突然の中止を避けるべきです。

副作用への注意

重い副作用が出る可能性があるため、何か異常を感じたら直ちに医師に報告することが重要です。

定期的なフォローアップ

長期間の使用は依存症のリスクを高めるため、定期的に医師の診察を受けることが勧められます。

結論

睡眠薬は不眠の問題を解決する有効な手段ですが、市販の睡眠改善薬と処方される睡眠薬の違いを理解し、それぞれのリスクとメリットを考慮した上で使用することが大切です。市販の睡眠改善薬を飲んでも不眠の問題が続く場合は、睡眠専門のクリニックで適切な診断と治療を受けることをお勧めします。

今すぐオンデマンド受診する >  ご予約はこちから >

関連記事

  1. 睡眠の悩みには、オンラインの睡眠外来が人気! その理由や受診…

  2. 不眠症を改善したい! 治し方を徹底解説

  3. 当院がおすすめする睡眠薬の紹介と医師と協力して治療するコツを…

  4. 勉強中に眠くなった時の即効性のある対処法を医師が解説

  5. トラゾドンってなに?トラゾドン睡眠薬について医師が…

  6. 内科では睡眠薬を処方してくれないこともある?睡眠薬をあまり処…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP