更年期で眠いと感じる原因と対処法6選 医師が解説

更年期における過度の眠気は多くの女性にとって大きな悩みです。この時期にはホルモンの変動がさまざまな身体的、感情的変化を引き起こし、その影響で睡眠パターンにも変化が見られることがあります。この記事では、更年期に眠くなる原因と、それに対処法について詳しく解説します。

更年期に眠くなる主な原因

更年期における眠気の原因は主に以下の通りです

ホルモンバランスの変動

更年期はエストロゲンとプロゲステロンのレベルが低下し始める時期で、これらのホルモンは睡眠サイクルにも影響を与えます。特にエストロゲンは睡眠の質を高める効果があるため、その低下は睡眠の質の悪化や眠気を引き起こす原因となります。

睡眠障害

更年期には不眠症や睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害が現れることがあります。これらの障害は夜間の睡眠を乱し、日中の過剰な眠気を引き起こします。

心理的ストレス

更年期の身体的変化に加えて、仕事や家庭生活のプレッシャーなど、外的要因によるストレスも睡眠の質を低下させることがあります。

生活習慣の変化

更年期に入ると活動レベルが変わり、それによって生活習慣が乱れることもあります。運動不足や不健康な食生活は、睡眠の質に悪影響を与えることがあります。

対処法

更年期の眠気に対する対処法は以下の通りです:

漢方による治療

加味逍遥散という漢方は更年期障害やそれによる不眠に効果のある漢方薬です。

症状や気持ちの昂ぶりを落ち着けて眠れるようになります。

ネムリノミカタでも扱っており、オンラインでいつでも処方できます。

適切な睡眠環境の整備

寝室を快適でリラックスできる空間にすることが重要です。暗く静かで、適度に涼しい環境を保ち、質の高い睡眠を促します。

定期的な運動

適度な運動はホルモンバランスを改善し、ストレスを軽減するのに役立ちます。特に夕方以前の軽い運動は、夜の睡眠を改善するのに効果的です。

バランスの取れた食事

栄養豊富な食事は全体の健康をサポートし、特にビタミンとミネラルが豊富な食品を意識的に摂取することで、更年期の症状を緩和できます。

リラクゼーション

ヨガ、瞑想、深呼吸などのリラクゼーション技術を実践することで、心身をリラックスさせ、良質な睡眠を促進します。

カフェインとアルコールの摂取を控える

睡眠前の数時間はカフェインやアルコールの摂取を避けることで、睡眠の質を向上させることができます。

睡眠専門クリニック

更年期の眠気やその他の症状が日常生活に影響を与える場合、専門の医師の治療が必要です。当クリニック「ネムリノミカタ」では、更年期特有の問題もオンライン診療で治療できます。更年期の眠気に悩む方は、専門家に相談し、個別の治療計画を立てることで、生活の質を大きく改善することが可能です。

今すぐオンデマンド受診する >  ご予約はこちから >

関連記事

  1. 夜寝られない原因は?不眠とその主な原因を医師が解説

  2. トラゾドンってなに?トラゾドン睡眠薬について医師が…

  3. 睡眠時無呼吸症候群ってどんな病気?セルフチェックや治療法を紹…

  4. 不眠に悩んだら何科に行くべき?おすすめの睡眠オンライン診療を…

  5. オンラインメンタルクリニックとオンライン睡眠専門クリニック(…

  6. いろいろ考えすぎて眠れない!不眠に悩む原因を解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP