ルネスタの効果や副作用って? 特徴を徹底解説

睡眠のお悩みを抱えて医療機関にかかると、ルネスタを処方されることがあります。
ルネスタは、2012年に販売開始した睡眠薬。アモバンの改良型として開発されたものです。

ルネスタの効果や副作用を知り、用法用量を守って正しく服用しましょう。

ルネスタの効果は?

ルネスタには、脳内のGABA-A受容体に結合して、GABA(質の良い睡眠をサポート)のはたらきを高める効果があります。これにより眠つきを良くしたり、睡眠時間を持続したりする効果が期待されています。
そのため、主に不眠症に悩む方に処方されることがほとんどです。

海外の研究では、ルネスタを不眠症の人に服用してもらったところ、入眠までの時間が短くなったり途中で目覚める回数が少なくなったり……といった効果が認められたそうです。睡眠の質が改善されたことで翌日のパフォーマンスに良い影響を及ぼした、とも報告されています。

ルネスタの効果持続時間は、「超短時間作用型」に分類されます。睡眠薬の中には、夜から朝まで効果が続くものが少なくありません(6~8時間)。しかしルネスタの効果時間はおよそ3~4時間。服用後1時間で血中濃度が最高になり、5時間後には効果が消失するとされています。

超短時間の効果なので、翌日まで眠気が続く……ということはほとんど無いでしょう。ただ、飲酒などアルコールを摂取すると副作用が起こりやすくなるのでご注意ください。

ルネスタに副作用はある?

どのような薬であれ、ある程度の副作用のリスクはつきものです。
ルネスタの副作用としては、「傾眠」「味覚異常」が主に報告されています。
しかしそれ以外にも、喉の渇き、消化不良、げっぷ、めまいなども挙げられているようです。
人によっては、異常な眠気、呼吸困難、不整脈、意識の消失、幻覚、健忘、夢遊病などもありますが、ほとんどが「自己判断で過剰摂取した場合」とされています。ルネスタの量を増減するときは医師の判断をあおぎ、気になる症状が出たら都度相談するようにしましょう。

海外での臨床試験では、長期的に服用した場合でも「ルネスタの効果が薄れてきた」「ルネスタが無ければ眠りに就けなくなってきた」などのリスクは無かったと報告されています。
依存性や耐性が起こりにくいので、比較的安心して服用できますね。

ルネスタは苦いって本当?

ルネスタは、他の睡眠薬に比べて苦みを感じやすいようです。

薬を口に入れた直後はもちろん、人によっては翌日まで口の中に苦みを感じたり、1日中口の中が苦かったり……というケースも。
体に悪影響のある苦みではありませんが、服用がつらいようなら医師に相談してみましょう。

ルネスタで効果が出にくい人は?

ルネスタは不眠症の方に主に使われる睡眠薬ですが、人によっては「服用しても効かない」と感じることもあるようです。
効果を感じなかったときは、ご自身が「早期覚醒型」でないかをご確認ください。ルネスタには入眠サポート効果がありますが、超短時間作用型のため、服用から5時間後には効果が薄れてしまいます。飲むタイミングにもよりますが、たとえば21時に服用したら、深夜2時には効き目がほとんどなくなる状態。早朝に目が覚めてしまう方は、そもそも明け方まで効果が持続するお薬ではないということを覚えておきましょう。

では、長時間型のお薬に変更すれば解決するのでしょうか?
実はそうとも言い切れません。
長時間型の睡眠薬は、効き目のピークが遅くやってきます。すると今度は「寝つきが悪い」などの入眠障害の方にとっては効果を感じにくくなるでしょう。また、効果が持続しすぎて「朝になっても頭がはたらかない」「睡眠のリズムが乱れた」などさらに状況が悪化してしまうことも……。

睡眠薬は市販でも多数流通していますが、自己判断で選ばないことが大切です。
質の良い睡眠を取るなら、医師の診察を受けて、医師の指示に従ったお薬を使いましょう。

ルネスタがおすすめの人は?

ルネスタは超短時間作用型です。ぐっすり眠れるのは、服用後3~4時間だと考えて良いでしょう。
そのため、ルネスタが向いているのは、
・入眠障害
・中途覚醒
・熟睡障害
……のある方だといえます。
いわば、「いったん眠りに入れればあとは起きない」という方ですね。

また、夜勤など不規則な生活サイクルから不眠になってしまった方や、時差がある場所に行って睡眠サイクルを変えなければならない方にもおすすめです。ルネスタは服用後わりとすぐに眠りに入れるお薬なので、体内時計や生活サイクルに関わらず「眠りたいときに眠れる」のがメリットといえるでしょう。

ルネスタ以外に眠れる薬はないの?

どのお薬でもそうですが、ルネスタにも副作用があります。
苦みも気になるという方が多いですし、別のお薬で代用できないものでしょうか?

オンライン睡眠外来クリニック「ネムリノミカタ」では、睡眠のお悩みに合わせた3種類のサプリメントをご提供しています。
なかなか寝付けない方は「nemurino(ネムリノ)」、朝の目覚めをすっきりさせたい方は「mezameno(メザメノ)」、睡眠に関するマルチな悩みを解決するなら「nemurino premium(ネムリノ プレミアム)」……というように、お悩み別に有効成分をセレクトしています。

すべて院長が監修したオリジナルサプリメントなので、その効果は期待大。
お薬は副作用が怖いですが、サプリメントなので気軽に摂取できるのもポイントです。

「どのサプリメントを選べば良いか分からない」という場合は、「ネムリノミカタ」を受診することをおすすめします。
スマホからオンライン診察ができるので、ご自宅から専門医とつながることが可能。睡眠のことなら、どのようなことでもお聞かせください。医師が丁寧にカウンセリングしながら、最適なサプリメントや漢方薬をご提案します。処方したものはすべてご自宅まで配達するので、“自宅完結型の睡眠外来”として多くの患者様に喜ばれています。

睡眠を変えると、日常が変わります。
「ネムリノミカタ」の医師と一緒に、良い睡眠をつくっていきましょう。

まとめ

ルネスタは、超短時間作用型の睡眠薬です。
入眠障害がある方に使用されることがほとんどなので、「朝早くに目覚めてしまう」というお悩みには対応しにくいでしょう。

オンライン睡眠外来クリニック「ネムリノミカタ」なら、ご自宅にいながら睡眠専門の医師とつながれます。
あなたの長年のお悩みは、数十分の相談で解決するものかもしれません。まずはお気軽に、LINEから診療予約してみませんか?

関連記事

  1. 睡眠サプリのおすすめ11選、商品ごとに特徴を紹介

  2. ベルソムラとデエビゴって何が違うの?違いや効果を徹底比較

  3. 睡眠サポートサプリメント「ネムリノミカタ」シリーズについて

  4. 院長監修オリジナルサプリメントのご紹介

  5. 睡眠の悩みには、オンラインの睡眠外来が人気! その理由や受診…

  6. 不眠症を改善したい! 治し方を徹底解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP