ベルソムラはやばいって本当? 特徴や効果を徹底解説

質の良い睡眠を得るために、「ベルソムラ」を服用している方は少なくありません。
2014年11月に発売スタートした比較的新しい薬ですが、その効果が「やばい」と口コミでうわさになることも……。

ベルソムラとは、どのような薬なのでしょうか?
特徴や効果を詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ベルソムラとは?

ベルソムラとは、睡眠薬の一種です。
寝つきが悪かったり眠れなかったりする方が服用するとぐっすり眠れる……とされています。

ベルソムラは、服用すると「オレキシン」のはたらきを阻害します。オレキシンは「覚醒」に関わる物質で、日中は分泌量が多いですが夜間は減少するのが特徴です。私たちが「朝昼はアクティブに、夜はリラックス」で過ごせるのは、このオレキシンのはたらきのおかげといえるのです。

オレキシンの増減は体内時計で調節されていますが、ベルソムラ(一般名:スボレキサント)はこのオレキシンのはたらきをブロック。医学的には「オレキシン受容体拮抗剤」と呼ばれ、阻害効果が高いといわれています。
覚醒に関わるオレキシンをブロックするということは、つまり睡眠をうながすということ。
適量(日本では10mg・15mg・20mgの3種類があります)を服用すれば、「うまく眠れない」といった睡眠障害をうまくサポートしてくれるでしょう。

ベルソムラがやばいって、どういうこと?

ベルソムラはその高い睡眠効果から、睡眠に悩むさまざまな方の手に渡っています。
しかし、ベルソムラを服用すると「悪夢を見るようになった」というケースも……。

ベルソムラは今までの睡眠薬とは異なり、「レム睡眠」を抑制しないといわれています。そのため別の睡眠薬を服用していた方がベルソムラに変更すると、今まで夢を見ていなかったのに、夢を見やすくなるそうです。しかも、悪夢の場合が多いとか。

ストレスや悩み、興奮など心理的なものから不眠になっている場合、その「問題」が悪夢となって夢に出ることがあるようです。これが「やばい」といわれている理由と考えられます。

しかし、悪夢を見る割合は全体で5%未満。医師の指示を守って適切に使用すれば、ベルソムラは最大限の効果を発揮します。自己判断でお薬の量を増減させず、“医師との連携”を忘れないようにしてくださいね。

ベルソムラの効果は?

「やばい」とうわさが広まることもあるベルソムラですが、上手に服用すれば良い効果を発揮してくれます。
ベルソムラの特徴や効果を詳しく紹介しますね。

自然な睡眠を得られる

従来の睡眠薬がアプローチしていたのは、睡眠中枢でした。
脳が活動していても、睡眠モードでも、服用すればすべて関係なく眠気を引き起こしていたのです。いわば、「無理やり」ですね。

ベルソムラがアプローチするのは、覚醒中枢。脳の活動を抑えることで自然に近い眠りへと入っていく、という理論です。たとえば、興味のない話を聞いていると、だんだん脳がぼんやりして眠くなってくるもの……。ベルソムラによる入眠はそのようなイメージといえます。

依存性なく使える

睡眠薬を服用している方は、「毎日服用していたら効果が薄れてきたので増量した」ということが珍しくありません。あるいは反対に、「毎日服用していたら睡眠薬なしでは眠れない体質になってしまった」ということも。

確かに、従来の睡眠薬(ベンゾジアピン系薬)を長く服用していると、薬の効果が薄れてきたり、薬への依存体質になったりすることがあります。どちらの事象も、今後のことを考えると、できるだけ避けるに越したとはないでしょう。

ベルソムラには、効果の薄れや依存性はないとされています。長期的に服用しても安心なのは大きなメリットといえそうですね。

ベルソムラの効果持続時間はどのくらい?

自然な睡眠が期待できるベルソムラ。実際の効果持続時間は「6~8時間」が目安とされています。日本人の平均的な睡眠時間を確保するのに、ちょうど最適な効果といえるでしょう。

ただ、ストレスによる不眠やうつ病など心理的な要因による睡眠障害には、あまり効果は期待できないとされています。処方を希望する場合は、医師によく相談することをおすすめします。

なお、ベルソムラは食事の影響を受けるとされています。
食後や食間に服用すると効果が出るのが遅くなるといわれているので、少なくとも入眠の2時間前には食事を済ませて胃の中を整えておきましょう。

ベルソムラがおすすめの人は?

ベルソムラの特徴や効果時間から考えると、ベルソムラが向いている方は以下の通りです。

・寝つきが悪い方
・夜中に目が覚めてしまう方
・自然な眠りがほしい方
・いつかは薬に頼らず入眠したい方

ベルソムラによって少しでも睡眠障害の改善がみられたら、医師と相談して使用量を見直したり服用を中止したりすることもあるでしょう。いずれにしても、医師と連携しながら用法・用量を守って使用することが大切です。

ベルソムラに似たサプリメントもある

睡眠について悩んでいるものの、やばいと評判の睡眠薬にはできるだけ頼りたくない……。
そんな方には、「nemurino(ネムリノ)」がおすすめです。

nemurinoは、オンライン睡眠外来「ネムリノミカタ」(ウェルネス総合クリニック「キレイノミカタ」)が扱っている睡眠サポートサプリ。
サプリメントなので、副作用のリスクがほとんどありません。
医師が開発したということもあり、その効果は期待大。実際、ネムリノを使用した90.8%が「質の良い睡眠が取れた」と効果を実感しています。

オンラインストアから購入できて、自宅に届くのもうれしいポイント。“自宅完結型”の睡眠改善は、毎日多くの患者様から喜ばれています。

まとめ

ベルソムラは、比較的新しく開発された睡眠薬です。
今までの睡眠薬とは異なるアプローチで眠りに導いていきますが、薬ということもあり、副作用が気になりますよね……。

「nemurino(ネムリノ)」は、睡眠に悩む方専用に開発されたサプリメントです。薬に抵抗がある方は、まずはサプリメントから始めてみませんか?

もちろん、オンライン睡眠外来「ネムリノミカタ」で医師にお悩みを相談いただく方法もあります。カウンセリングや診察を通して、専門医が最適なお薬を処方してくれるでしょう。

関連記事

  1. 不眠症を改善したい! 治し方を徹底解説

  2. 睡眠サプリのおすすめ11選、商品ごとに特徴を紹介

  3. ベルソムラとデエビゴって何が違うの?違いや効果を徹底比較

  4. 睡眠の悩みには、オンラインの睡眠外来が人気! その理由や受診…

  5. 採用薬の解説

  6. 睡眠サポートサプリメント「ネムリノミカタ」シリーズについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP